2013年4月29日月曜日

アサシン-ichiyo- 5話めとダ・ヴィンチ

こんにちは。お知らせです。

5月1日発売、月刊ヒーローズ6月号に
「アサシン-ichiyo-(原作:細野不二彦先生)」5話めが掲載されます。
前話でついに変身した殺し屋イチヨー。
今回はばりばりのアクションです。ぜひご覧ください。


そして、お知らせがもうひとつ。

5月7日発売予定のダ・ヴィンチ(メディアファクトリー)に、
アーティスト・清春さんとの対談記事が掲載されます。
見開き2ページです。

清春さんといえば、僕が中学生のころ「バンドやろうぜ」という雑誌を買っていた時期があるんですが、ちょうどその頃に名古屋を拠点にバンド「黒夢」として活動し、インディーズで有名になっていた時期で、よく雑誌に登場していたのです。僕はそういった記事を読んでいたんですが、その話をしたら、懐かしそうにはじめて表紙を飾ったのが「バンやろ」だったんですよ・・・と、当時のお話から、音楽について、高校生の頃のロックとの出会いについて、などなど沢山お話させていただきました。
記事ではライターさんが僕の話も多めに取り上げてくださっていますが、実際は僕が聞きたいことが沢山あって僕がインタビュアーのようになってました。いや〜、めちゃめちゃ緊張しました。記事では普通に話してるふうになってはいるんですが・・・。
清春さん、貴重なお話ありがとうございました!
ダ・ヴィンチ、ぜひぜひお手にとってみてください。


近況を少し・・・。
北海道さむい!今日の気温は6度…。春だ!BBQだ!とはなかなかいかないほどの寒さです・・・。早くあったかくなってくれ・・・。
相変わらずマイブームは宅録ですが、ドラムが叩きたくなったので一人でスタジオにいってきました。ノートPCと録音用のマイク持参で、その場でギターも重ねて多重録音してみました。稚拙なものですが、自分で演奏したものには愛着があるものです・・・。
そのときの録音はこれ。
ジミヘンのリトル・ウィングをベースになんとなく、チョロチョロと…。
ちなみに、同じ曲ですが打ち込みアンド宅録バージョンはこっち
こんど札幌の音楽好きの漫画家さんと一緒にスタジオにセッションに行くのでそれも楽しみです。