2015年8月26日水曜日

日記20150826 M01

自分のための忘備録として、今月23日のミランの開幕節感想を。毎試合書いて記事が溜まったら面白いかな、と思って。勝手な感想ですけどね。
現地メディアは相変わらず、本田責めの論調のようですが、自分には監督の采配や戦術の問題が大きかったのではないかな、と思います。強豪相手に経験の浅い若いCBコンビを先発で使ったことをまず責めるべきでしょう!
本田も確かに試合にハマりきれなかった感じもあったが、本田だけがというより中盤の4人みんなそんな感じでしたよね。4-3-1-2で、ポジションチェンジもあんまりないし、そもそもポジションチェンジしずらい並びですよね。選手それぞれが自分の持ち場で役割を意識しすぎて固かったようにみえた。固いならいっそ、カウンターとわりきって、引いてゾーンで守ればいいのに、ポゼッションで流動性も求める感じもあるし。デヨンクを固定するにしても、あとの3人がぐるぐるポジション変えながらやってくれたら、個人的にはアガるんだけどなぁと思いました。
本田が初戦から犠牲となって退場するようなしょっぱい試合だったことは、自分としても朝の4時に眠い目をこすりながら頑張って観ただけに残念ではありましたが、次節もう一度チャンスをもらえることに心より期待しております。

バロテッリが帰ってきそうですね。バロテッリって、彼自身が戦術なんですよね。「戦術、フッキ!」みたいな。もう思い切ってメネズとバロテッリでわがまま2トップとかどうかなぁ。どうなるんだろうなぁ…、試しにみてみたいですね。