2016年2月2日火曜日

日記 20160202 クツカ



ミラノダービー、観ました。

本田さん、キレキレでしたね。活躍がみれて嬉しいなぁ。
試合後のインタビュー記事などネットでいくつか読んでみても、自信と確信が窺えて頼もしいです。CL行けるかなぁ。がんばって欲しい。
個人的に、今日の活躍の要因として、俺はクツカが右ボランチだったことがあげられるんじゃないかな…?と思っています。
というのも、これまで右にはモントリーボが多かったですよね?そういうときはだいたい左にベルトラッチ。
今日は左にモントリーボ、右にクツカ。
モントリーボと本田の連携が良い印象ってあんまりないんですよ。
今節でも、後半、本田が右サイドから中央のモントリーボにパスを出した時、本田はダイアゴナルに裏に走って、リターンをもらおうとしてたんですよね。
でも、モントリーボはボールを受け取ったとたん、前の選手を見てすぐにゴール前に放り込んでしまった。本田は「ああ、もう!」みたいな感じで手を振り下ろしていました。
こういうシーンを、今季は何度も見てきたように思います。

モントリーボはポジショニングもいいので、本田からよくパスを受け取るんですが、本田がリターンを要求するように次の動きをしても、モントリーボは返さない。
モントリーボには、自分が組み立てる、という意識が強くあるんでしょうか。
本田の次の動きが選択肢に入ってない感じ?
リターンをもらえずにがっかりする本田を何度見たことか。

例えば、代表だと、当たり前のように本田に戻しますよね。
あるいはクツカやアバーテ、最近はニアングなんかも、シンプルに本田に戻す。
「一度預けて、リターンをもらう」これが本田のリズムの作り方だと思うんですが、
今回の試合はクツカがいたことでハマったんじゃないのかな?と見てて思いました。
クツカは、攻め上がるのが好きな選手ですし、パサーになってくれる本田にサッと預けて、自分は上にあがる(マークをずらす)、というのをやってくれるんですね。
右サイドの司令塔として本田を置いて、左中央にもうひとりの司令塔モントリーボがいる、という布陣、バランスもよさそう。

次節もこれでいってくれミハイロビッチ。

いま描いてる原稿は増ページなので、なかなか終わらない…!もうちょっと。
元気にがんばってます。夏山行きたい。
写真は数年前の雲ノ平ですね。