2016年2月18日木曜日

日記 20160218 まだ痛




腫れが引かないんですよね〜…なかなか…。
原稿描いてます!!!(って言っておかないと不安になるよね)
単行本のカバー絵もいよいよ構図が決まって、本描きに突入です。

打ち合わせしたり、ラフを描いたりそれでデザイナー氏以外にも、出版社の営業担当さんにも意見をもらったり描き直したりもう数週間。漫画とはいえ1冊の本が生み出される後ろには沢山の人の尽力があったりするものなのです。

最近ちょっと悲しかったことは、遊びに誘ってくれた友達に、「歯が痛くて死んでる」というような理由で出欠を保留する返信をしたら、「了解」という返事だけで「大丈夫?」とか「お大事に」とか一言もなかったことですかね。
歯の病は同情してもらえないようです。虫歯じゃないんだけどね。
いや、別に気にしてないんですけどね。
歯の治療っていうより、歯の根っこの手術みたいな感じで、明日もグリグリやられてきます。腫れと張りのせいで口があんまり開かなかくて1cmくらいのスキマから赤ちゃん用のスプーンで雑炊を食べるみたいな毎日だったんですけど、今日は2cmくらい開くようになったので、やっとうどんを食べました。食欲はあるんですよね。うどん美味いなぁ。

今回の病は調べるとストレスも原因のひとつのようで、「あー俺知らないうちにストレス溜めてたのかなー」とか、ね。あるじゃないですか、ときどきそういうやつ。
もう30代も後半ですから。治ったら焼肉行きたいですね。

行きますよ。頼まれなくても、焼肉、行きます。家族とね。


NHK杯、千田五段vs行方八段、しびれましたね〜。
千田さんの攻めの強引さ、栗の皮が割れないので面倒くさいから皮ごと食べましたみたいな強引な力攻めっぷり。
攻めが繋がるか切れるかのハラハラが好きなんだろうか。
最後の玉の逃げのときの、尋常じゃない手の震え…毎回みてて思うんですが、棋士の皆さんのこういう「座ってるだけなのに身体に出ちゃったギリギリの心境」が、たまらないですね。将棋は様式があるからこそ、細部に違いが出てくるし、長過ぎてはいけないはずのネクタイが長いとか、そういうところに侘び寂びがあるわけです。お茶の世界と同じですよね。日本の美です。汗だくになる人、顔を真っ赤にして口をぱくぱくする人、ひたいに手を当てる人、深呼吸を繰り返す人、そういう姿にぐっときてます。

最近あんまり将棋をする時間をとれてないんですが、居飛車に変えてから角替わりを多く指すようになったので参考にしたいです。

CLも始まりましたね!!ローマは好きでよくセリエAの試合も観ているのですが…、レアルのさすがすぎる強さ…。なんとも言えなくなりますね。

果たして俺のブログを読んでくれてる人で「山と飯と将棋とサッカーも信濃川日出雄も、全部好き、ドンピシャ!」みたいな方がどれくらいいるのかわかりませんが、本当にもうどうでもいい話ばかりでいつもすんません。