2016年5月23日月曜日

日記 20160523 暑い日



http://mangashokudo.net/entry/blog-entry-430.html

こんなふうに再現してご紹介くださっているサイトを発見しました。
美味しそう!(笑)ありがとうございます。


この回のこの料理はたしかレシピを詳しく書いてなかったので、
料理の勘所がわかる人でないと美味しくできないと思いますが、
きっとお上手な方なのでしょう。
油は多めで、適度に焦げ目がつくように炒めると香ばしくていいのかなと思います。
ナンプラーは入れすぎるとしょっぱいので、控えめに。
自分は料理するときは塩味は極力抑えます。
理由のひとつは成人病予防(笑)もうひとつは塩味というのは
本当に必要であればあとからでも無理矢理足せるからです。

担当編集者の面白い話を少し。
新潮社の担当編集氏も登山にハマってきていまして、
山で色々料理を作ってみるそうなのですがなかなか上手にできない。
取材で一緒に高水三山に行った時、果敢にチーズフォンデュに挑戦していましたが、
全然美味しくなかったらしい&他に同行した友達からも美味しそうとすら言ってもらえなかった、みたいな話がありました。
またさらに担当編集氏の友達曰く、彼は以前の山行の時はパエリアに挑戦したが、それも全然美味しそうな感じじゃなかった、とか。
たぶん、料理がお上手ではなさそうです。言ってしまえば、どヘタでしょう。きっと。
料理には、最低限ここをこうすれば不味くはならないというような、勘所というものがあるように俺は思っているのですが、たぶんそこが掴めてなさそうでした。
彼は人生の中で、あまり日常的に料理を作ってこなかったそう。家でも料理をあまりしないそうな。でも、山では作ってみたくなるらしい。
わざわざ不便な山で、得意ではないことに挑むのだから、素晴らしいことです。
こういうパターンの、お父さんとか、たまにいるっていうか、そこそこあると思うんです、こういうこと。
家で料理をしないのに、山やキャンプで料理に挑む。
凝ったことをして失敗する。
いや、そういう方々に言いたいのは、料理しないほうがいいです。お湯を湧かすだけで十分色々楽しめますからね。
失敗するよりは、俺はインスタントでいいと思います。インスタントラーメンにウィンナー入れるとか、おすすめ!
あるいは家で料理をして料理のカンを普段から磨きましょう。
それから、チーズフォンデュに挑んでほしい。
失敗してる様子は面白いですけどね。マンガにしたい良いネタです。さすがですね。
ありがたいことです。

なんでもやってみないとわからないですからね。