2016年12月9日金曜日

ひみつの〜9

金曜ですね。
今週も4コマです。

http://www.kurage-bunch.com/manga/yamashoku/sp_09/

来週から通常営業に戻ります。
画像がないとさびしいので
特に意味もなく夏に撮った山の写真など。


来週からのざっくり更新予定は・・・・・・

12月16日(金曜)46話更新
12月23日(金曜)47話更新
12月30日(金曜)くらげバンチ全作品更新お休み
1月6日(金曜)48話更新
1月13日(金曜)49話更新

・・・となっております。

この、1月6日更新予定の48話目ってやつがクセものでですね、なんと〆切が年内の12月20日頃なんですよね。
逆算していくとですね、もう先週今週と通常連載を休んで描かないと間に合わないわけです。俗にいう年末進行ってやつですね。
呑気に4コマを描いて休んでいるわけではなく、実はそんなこんなで師走って感じを味わっております。休載するのもアレなので4コマでお許し願おうという、そういうことでございます。
というわけでみなさまも良いお年を!!
まだ早いか。
あとは、この先の予告ってほどではないのですが、
ここまでの連載でほぼほぼ4巻の収録分も描き終わっていましてですね、
ここから連載は5巻収録分の内容に突入していくのでございます。
4巻の発売は3月なんですけども、5巻は7月なんですよね。発売が。
7月。
7月といえば、夏です。
初夏。いよいよ夏本番、これからだって季節ですね。
でも、
でもですね、いま、これから連載中の季節は、冬なわけですね。
冬本番であります。

冬本番に…夏に発売になる単行本の内容を描いていくわけですね。

これが、
これが、非常に難しい。

これまでも、実はずっとそうだったんです。
連載初回から読んでくださっている方、わかりますかね。
たぶん、うすうす、
そううすうす、
気づいて
勘づいてらっしゃる人も、
いるでしょうね。

単行本を買ってみると、
「あれ?
秋なのに、春の内容だぞ?」
とかね。

きっと、
おそらく、いらっしゃるでしょう。
いらっしゃるでしょうね。

毎度ね、これに苦労しているんですよ。
山といえば、季節ですから。
季節を抜きに山は語れない。
四季どころじゃないのですよ。
春って言っても、残雪の季節から、桜が咲き、そして散る頃、
春の雨、gwのにぎわいとかね、全部「春」、それぞれ、違う春です。
そういう季節の移ろいをですね、
やっぱりリアルタイムの連載では、感じていたいじゃないですか。

だからですね。
連載ではやっぱり季節は意識します。

でも、
でもですね
単行本が動かないと・・・連載が続かないわけですよ。
沢山の、
沢山の人に手にとってもらって
なんぼなわけです。
楽しい連載を続けるため、に、です。
手にとって欲しい。
手にとって欲しいから、
手にとってもらえる工夫を沢山します。

その工夫、
やっぱり「季節を合わせる」ことも、そのひとつなわけです。
夏に出る単行本は、夏の装いで、発売しないと、
そりゃ、夏の本じゃないですよね。

連載は冬なのに、
夏の本。
冬の季節を感じていたいときに、
描いたものを
夏に出る本に仕立て上げていく、と。
このジレンマですよ。

このジレンマ。

このジレンマとですね。
この1年半、ずっと闘っておりまして。

もうね。

負けそう。

負けそうです。

いや、
屈しそう。

季節の矛盾にね。


いや、だからね、開き直ろうかなと。
いっそ。
いっそね。

なのでね、これからの3〜4ヶ月、
もちろん、冬の話もありますがね。
あっというまに春の話も、
夏の話もあります。
あるでしょうね。

でですね、6月、7月、8月ときてね、
そういう夏本番になっても、

ときどき冬の話を描くこともあるかもしれない。

まぁ下界の季節と、山の上の季節の問題もありますけども。


連載をリアルタイムで追ってくれている人も沢山いらっしゃるでしょう。
しかし、単行本で読もう、私は単行本派ですっていう人の気持ちも裏切りたくない。

ここがね。
問題。



悩みです。


どうしましょ。


試行錯誤します。

たまに、
たぶん
試行錯誤のですね、

錯誤

錯誤のところがね、

ちらっと顔を
ちらちらと顔をのぞかせるでしょう。
ページの合間から。
あるいはコマの隙間から。
それをね、大目にみてください。
くださいませ。
ください。


そういうわけで、引き続き頑張ります。

はい。
1月も出張取材だ。これで7回目の遠征ですね。
今回はうろちょろしないでとある地域を重点的に歩いてきます。楽しみ。