2018年5月18日金曜日

プレゼントキャンペーンなど



サイン入りイラストや単行本、黒ラベルが当たるキャンペーンです!!
どしどしご応募ください!!(会員登録が必要です)

▼ 山と食欲と私×Kitchen by OVER QUALITYクイズキャンペーン ▼
http://www.sapporobeer.jp/special/overquality/oqkcp/index.html





降るの?降らないの?で相変わらずはっきりしない天気予報ですが
5月19日開催する運びとなっているそうです。
詳しくはYAMAPさんのサイトをご確認ください!!
企業ブースも充実、楽しい1日になりますように!!

▼ YAMAP × 山と食欲と私 山ごはんフェス ▼
https://yamap.co.jp/article/20



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、久しぶりに徒然に日記を描いてみようと思います。



北海道・札幌もすっかり春になりました。
今年は毎日珍しいお客さんがきます。
お隣のお家(空き家)の天井裏にエゾリスの家族が住み着いているようで
毎朝うちの庭にきてミズナラの芽を食べていきます。
可愛いったらありゃしないんですが、なんとか面白い映像に収めてみようと
センサー付きのカメラをセットして録画して見ました。
それがこちら

調子に乗って、「木からベランダまで渡って来ないかな」と
余っていた角材をつなぎ合わせて5〜6メートルの「橋」を作りましてかけたりして・・・。
そんなことをやっています。

徐々に耕地を広げている家庭菜園は、今年はトマト3株、きゅうり1、いちご2、ねぎ適当、ズッキーニ1、なす1、そら豆1、セロリ1、じゃがいも20、枝豆20、にんにく大量、みたいな感じです。まだちょっとスペースがあるので、何か植えます。そうそう、トマトの茎が折れちゃったんだけど、
それを娘に話したら「セロテープで繋げば大丈夫!」と言うので、「6歳のくせにマニアックなこと知ってるな」と思ったんですけど(テレビで観て知ったそうな)言われた通りに繋いでみたんです。
そしたら見事に繋がりました。



生命力をなめてはいかんですね。
うちの子も鼻が高い様子。工作が大好きでなんでもセロテープで繋げばいいと思っている節があったんですが、こうして自分の助言によりトマトが復活したことで、彼女の実績を評価し親もセロテープ工法の実力を認めないわけにはいかなくなりました笑。

比較的穏やかな毎日を過ごしております。
飛行機に乗って本州の山を飛び回った去年とは打って変わって、今年は「地に足をつけ直そう」がテーマ。バタバタする中で瞬発力で漫画を描いていくのもいいのですが、アドレナリン任せばかりだと作品としても落ち着かない。今年はこの後、夏〜冬にかけて8〜9巻の発売を予定していますが、さらに先へと続く長期連載作品に育てるためにも、連載ペースを落として内容充実にじっくり取り組もうというのをテーマにしました。
昨年より時間ができたことで読書や新しいことに挑戦する時間も増えて、新しい関心ごとも見つかりました。漫画のネタに関わってくるので、何に興味を持っているのは内緒にしておきますが・・・!先々に繋がればいいなぁと思ってます。

あ、今月から一人新しくアシスタントちゃんが入りました。
若干20歳・・・あれ!?年の差が20歳なの!?自分が漫画を描き始めた20歳前後の頃の話をするたびに「そうか、君はその頃生まれてないねぇ」「そうか、これは君が3歳くらいの時だねぇ」と、いちいち自分が重ねてきた年月に驚く次第です。自分が若い時と比べてもそりゃもう腕が良く、将来が楽しみな人です。ぜひ大きく羽ばたいてほしいなと思います。
自分が20代で連載を持ってアシスタントを頼んだ時は、アシスタントもまた20代だから、そんなに差があるとは思わないしライバルだなという感覚がありましたが、さすがに自分もアラフォーになりましたので、その感覚は自然には出てこないですね。
ただ、漫画の読者、漫画の市場は時代とともに変わっていきますし、若い人は若いというだけでアドバンテージになります。ピッチの上に立てば、年齢は関係なくライバルです。
キャリアがある漫画はキャリアを武器に、若い人は若さを武器に、それぞれ自分の戦いをしていくだけだな、と思う次第です。
やっぱり刺激になりますね。もっともっと挑戦的な漫画を描いていきたいですね。