2018年6月5日火曜日

日記20180604 暑い夜



現在、23時半。窓を開けて。92話目の原稿を描いております。
指が疲れたので一休みして。

まるで夏の夜のようです。

暑い。
暑かった。
北海道の6月だというのに、いきなり30度を超えました。
今日は、今年初、冷房をつけました。夏は涼しいことが何よりありがたい北海道暮らし。冷房は、年に10日つけるかどうか程度ですが、その1日目となりました。
明日からは再び気温が下がるので、8月の盛りまでスイッチを押すことはないような気もしますが。
久しぶりの、日記のための日記。

いま、仕事以外での自分の中でアツいことと言えば、何と言ってもサッカーW杯。
サッカー観戦はこの7〜8年、生活の一部でありまして、毎日平均1試合は何かしら流してます。J1であればコンサドーレの試合を中心に、海外リーグであれば日本人選手の所属するチームの試合やら、日本人がいなくてもバルサ・レアル・バイエルンあたりはつい観てしまいますね。仕事中のBGMとしてだったり、時には作画の手を止めて見入ってしまったり・・・(時には!?)。
それに中学時代、サッカー部だったものですから、そういう意味でも思い入れはあります。
いよいよ選手が全員年下になってしまいました。(いや、これは、前回大会からですが)
監督交代のゴタゴタ、平均年齢高め、壮行試合のガーナ戦で敗戦・・・と色々と舐められているようですが、頑張っていただきたいです。自分は、おそらく大多数のサッカーファンと同様に、本戦もハリルで観たかった派であり、中島選手や堂安選手を観たかった・・・と基本的に思っておりますけども。
個人的に注目しているのは、一番は本田選手、それから乾選手&柴崎選手のスペインコンビです。
本田選手は、「大一番に合わせてくる男」。下馬評を覆して何かやってくれるんじゃないか、という期待はまだまだしていいでしょう。乾選手と柴崎選手は、スペインのテンポ感を身につけて一皮むけましたね。長谷部・香川・大迫・武藤・宇佐美・原口・高徳・・・とドイツ色の強い代表メンバーの中において、スペイン的なニュアンスを持つボールタッチは異質に光ってみえます。活躍がすごく楽しみです。

あ、サッカーの話だけでこんなに書いてしまった・・・。
最近読んだ本の話でも書こうかなと思ってブログを開いたんですけども・・・。
その話はまたいずれ。

山と食欲と私の話で言いますと、いよいよ色々な企画が8月5日の山ごはんの日にむけて動き出したかなという感じです。8月には新刊8巻の発売も予定されておりまして、またコラボ企画も4〜5本予定されております。
仕込んで発表の時を待つのが基本スタイルですので、連載原稿と同時進行で、着々と仕込んでおります。
お仕事のお知らせも、自分のブログに書ききれてないこともありますので、最新情報を追う方はくらげバンチのバナーや、ツイッターなどを見て見てください。

でも、これはいつも心がけているんですけど、「出たその瞬間」に消費されていく物作りをしているつもりはないのです。
1週間や1ヶ月経ったから古い情報だとか過去の物だというつもりは、少なくとも作ってる我々はないので、ざっくりと「2018年に作ったもの」くらいの感覚で受け止めていただけたらいいなと思います。
発表するにしても、半年や一年先に発表しようと計画して進めていることもあるんですが、結局順番に作って順番に発表するしかないんですよね。例えば、連載の話は10話分くらいは常に先までネタを用意して描き進めているんですが、一度に10話分をドンと出すことはできないので1本ずつ出来たら出していくわけです。
受け取る方は、1つ、2つ、3つ・・・と順番があるので、そこに流れを感じると思います。それはしょうがないことですし、それもまた考えて描いてはいるんですが、計画段階においては「10本まとめてで1つ」というような感じで捉えて取り組んでいたりするのです。
えーっと、何の話を語っているのでしょうか。あ、はい。これからも連載を続けて新しい話を描いていったり、様々な企画を発表していきますが、その瞬間を追いかけていただけるのは非常に嬉しいですが、そうですねぇ、なんとなく2〜3ヶ月以内のものは「最新情報」のうちですし、半年以内くらいだと「結構新しい」、一年以内だと「まぁまぁ今のやつ」、二年以内のものは「歴史年表スケールで見たらほぼ現在」のように、受け取っていただけるといいのかなと思います。

ということで指休憩終わり。